よこちゃんの主な経歴

 

こんにちは横田です。

こちらに僕の今までの主な経歴をまとめました。

 

 

主に

仕事に関する職歴と恋愛に関する恋愛履歴をメイン

に書いてあります。

 

 

正直お恥ずかしいことも多々あります。

あまり出会いの場で長々と自分のことをお話しするのは好きではないのです。

 

 

なので、

「こちらを見れば横田健一という男の足跡はだいたいわかりますよ!」

っていうのを作っときました。

 

 

ご興味ある方はお時間ある時にでもサラーッとお読みいただけたら幸いです。

(えらく長いのでね!)

詳しい事項は追記していこうと思ってます。^_^;

 

 

「アラサーアラフォー楽しい出会いの専門家」として自己紹介はこちら

 

横田健一のプロフィールについてはこちら

 

らぶどくん
最終更新日は2016年9月でぃ!

 

 

よこちゃん(横田健一)の主な職歴と恋愛履歴(年表)

 

高校時代

当時県内ではわりと優秀な高校に進学するも周りの頭の良さと勉強量に挫けちゃいました。

麻雀やトランプ(大富豪、ポーカー)に明け暮れる日々。

 

 

当時在籍していたバドミントン部を何度か停部にしてしまいました。

高校時代に興じていた麻雀は順位や点数計算をマメに計算していたようで、そのおかげで勝ちキャラだった。

(その分勉強では完全に負けキャラでしたが^_^;)

 

 

恋愛とか浮いた話はなし!多分キモキャラだったんでしょう(笑)

 

 

あっ、でも好きな女性二、三人は告白したんで後悔は一切ないです。

(当然のごとくふられてましたが…今振り返ると無謀っすね^_^;)

 

 

大学時代

進学校の最下位ということで、逆を言えば最下位でも進学校。

国立は前期だけ記念受験。(試験中寝てました)

私立は県外に行けばなんかハッピーになれそうという理由で受験し合格。

 

 

(石川県→愛知県へ)

しかし、大学初日から一切同年代の友達ができず超孤立^_^;

 

 

たまたま声を掛けられた石川県出身の先輩の勧誘で部活をワンダーフォーゲル部に!

山に登る楽しさも味わいつつ、過酷なトレーニングに嫌気をさし1年で辞める。

(※夏合宿、南アルプスでの2週間あまりの山行は今でも覚えてます。(約10kg痩せました笑))

 

 

因みに人生初めてのバイトは豊橋駅前の麻雀荘。

結局2ヶ月で部活の合宿等もあり辞めることになったが、ヘトヘトになるくらい朝晩麻雀をしました。

 

 

麻雀荘のビラ配りのビラをマクドナルドの食器入れに捨ててサボってるところをマスターに見られてこっぴどく叱られたのはいい思い出です。^_^;

 

 

20歳

大学1年の秋から始めたパチンコ屋のバイトでようやく友達と言えるような繋がりができるようになりました。

 

 

それから2年以上はスロットと競艇に明け暮れてましたね。

(バイトはしばらくしてバイト仲間と辞めました^_^;)

その流れで大学2年終了後、大学も辞めました。

 

 

当時母に手紙1通で大学を辞めるというシンプルさ。手紙に全ての想いを託しました。

了承してくれた両親にはほんとすごいとしか言葉が出ません!(今でも!)

 

 

恋愛してるといえるのかわかりませんが、20歳ではじめて彼女ができる。

多分話のネタとしてって意味合いが多かったのかも…(ほんますんませんm(_ _)m)

 

 

21歳

2年程県外でスロットに明け暮れる生活を送るも、最愛の祖父が亡くなる訃報の電話を受け帰郷。

人生このまま遊んでいていいのかわからず、とりあえず地元の石川県に戻ることにしました。

 

 

恋愛はとくになし。

 

 

22歳

帰ってきたからと言って就職は考えてなかったです。(なんでですかね?)

パチンコ屋でバイトしながらゴルフ場のキャディーを掛け持ちする日々。

(他にも色々してましたが)

 

 

ゴルフ場で

ナイスショット!

って言ってました。

 

 

恋愛は特になし。

(恋愛は特になし多いなぁ^_^;)

 

 

23歳

この頃になると結構飲み会にも誘われたりするようになってきました。

 

 

しかしここでフリーター(特にパチンコ屋のアルバイト)という肩書きが非常に評判が悪いということに気づく。

 

 

就職しようとした瞬間でありました。

(理由は非常に滑稽ですけれどもね^_^;)

 

 

24歳

地元の豆腐製造会社に就職。

 

 

多分こんときはめちゃくちゃ豆腐を食べてました。

出来立ての厚揚げにしょうゆをかけて食べるのは最高だと思いました。

 

 

ただ、一通りライン(釜〜製造〜仕分け)をマスターして全行程の業務を兼任するようになった頃には、

 

 

完全に飽きていました(笑)

 

 

恋愛

就職して正社員だというマインドコントロールもあり、飲み会では結構ウケがよかったような…。

そして今思うとほんとうに素敵な女性とお付き合いさせていただいた、その交際のスタートが多分23か24くらいだったと思う。

 

 

でも正直当時の自分の心は全くときめいてはいなかったです。

なんで付き合い始めたのかと言われれば、…ずばり先方から押されたからです^_^;

 

 

26歳

その後職を転々としました。

特に長時間労働(週6、12時間労働)をしていてちょっと萎えちゃったんだと思います。

 

 

そして結婚を考えていらした(と思う)彼女とも関係は悪化し、破局。

ほんまにええ人やったわ、どこかでお幸せにしてることを願ってます。

 

 

その彼女が破局間際に紹介してくれた僕と同い年の起業者。

彼に出資するということから個人事業という道に進むことになります。

 

 

恋愛

その頃はやたら飲み会を主催していた時期。

なんかとにかく飲み会を通じて男女を繋いでた気がする。

自分自身はそんなにもだったかな^_^;

 

 

27歳

実はその頃までの自分は過去のスロットの貯金や訳もわからずしていた株などもあり、そこそこ貯金がありました。

(おおよそ1000万単位ぐらい)

こんなこと書くってことはもちろんなのですが、全てなくなります(笑)

 

 

出資した知人がポシャッた(倒産)っていうのもありますがね。

ここからは逆に自転車操業のはじまりです。(ワッセ、ワッセ!)

 

 

仕事自体は個人で食品の設備や機械、原材料の卸をしていました。

お金自体は回ってませんでしたが、この時はまだ生活自体はできてました(笑)

 

 

28歳

仕事は特に変化なし。

 

恋愛

2年前程に知り合った女性(長らく友人関係のあとお付き合い…)と結婚しようかという話になり、ご両親に挨拶に行く。

そして次の日に音信不通。

その次の日に電話にてフラれるという諸行無常。

 

 

さすがの急展開になかなか頭と体はついていけなかった。

(不安になったんでしょうね^_^;お幸せにしてな!)

 

 

29歳

仕事を通じて知り合った方のツテで大阪へ。

弁当作ったり、ドーナツ揚げたり、タイ焼き焼いたり、焼きそば焼いたり色々してたなぁ!

 

 

これが後のらぶらぶどーなつの原点だったかもしれません。

金銭的には借金の自転車操業はピークでした。(笑)

 

 

ここらへんからは恋愛からは避けるようになりました。

そもそも出会いの場というものにもとても消極的になりました。

多分当時の自分の状態では将来を考えられないっていう頭があったと思います。

 

 

以降自分の恋愛は止まっています。(会社経営もほんま苦しかったですし^_^;)

 

 

31歳

色々とありまして…笑(ほぼ仕事上ですけどね。)

 

 

大阪で運営していた自分の会社を一度綺麗にする決断をしました。

30代もしばらく過ごしてみて、人生を見つめ直した結果の決断だったと思います。

 

 

そして最後はほんま夜逃げのような形で再び地元石川県へ。

(おかげさまで借金は、家族の協力のもときっちりと整理できました。)

 

 

32歳

とりあえず物流センターにて務める。(当時派遣社員→現在は直雇用に)

ただ自分ではもう会社に属するってことは選択肢になくあくまで一時的にと考えていました。

 

 

それまでの自分は商売に関しては「お金」、特に「自分さえ儲かれば」って感じで動いてた。

そのことに実はめっちゃ違和感を感じてたんです。

 

 

「もっと人に喜ばれることができたらなぁ」

 

「人のお役に立てることがしたいなぁ」

 

 

そう思って頃に、親戚の小屋が空いているということで格安に借りて始めたのが

「らぶらぶどーなつ(通称らぶど)」

という手作りドーナツ屋さんなのであります。

 

 

33歳

その頃は物流センターに勤めながら副業としてらぶどを経営してました。

正直に申せばあまりにも利益を度外視した値段設定をしてしまいました(笑)

 

 

その為にらぶどの収入はほぼゼロ。

むしろ少し自分のお金を持ち出してました。

 

 

またかって(笑)感じです。

借金こそしなくてもなんとかなる程度でしたが、自分の好きな事をしていても収入を得なければ継続できないと思い出したのはこの時です。(遅っ!)

 

 

34歳前半

なんとかしなければと思いから、ドーナツをご縁のできた地元の大手量販店に卸させてもらう事ができました。

 

 

約半年間はほんと死に物狂いでドーナツを揚げていたと思います。

近所の方にお手伝いしていただいてドーナツの生地を丸めたり、袋にシールを貼ったり…。

 

 

そして正月も休みなく配達して回りました。(毎日5、6店舗)

 

しかし、敢え無く半年程で撤退を決断しました。

 

 

理由は

①収益がほとんど挙がらなかった。

(売上はかなり上がったが、経費も同等にかかった。当たり前ですが(笑))

②あまりにも忙しくなりお店に遊びに来る子供たちとのコミュニケーションができなくなった。

③配達の際、居眠りをして車を事故してしまった。

 

 

直接的には③番目の理由なのですが、やはり日頃の無理が祟ったのと自分の計画性の無さだったと思います。

 

 

34歳後半

後半というか2014年4月から、ブログというものの存在を知りました。

 

 

近所の本屋さんでたまたまネット界隈のコーナーに立ち寄ったのがきっかけでした。

自分もドーナツ屋の集客に利用したいと思い、早速スタートさせることにしました。

 

 

かの有名な無料ブログアメブロです。

 

 

ブログを書く事自体はとても楽しかったです。

「自分の中にある心情や思いを世の中に発信したい!」

と以前から漠然とですが思ってたからでしょう。

(それまで何度からぶどニュースという手作りのチラシを作ってたのですが、それのweb版ですね。)

 

 

35歳前半

多分9ヶ月くらいは毎日欠かさず更新しました。

そう簡単に集客に結びつく事はありませんでした。

(ブロガーの方々からはたかが9ヶ月と言われそうですが(笑))

 

 

そもそも書いている内容も今考えると、主張があるのかどうかもよくわからない。

そんなブログでしたから、書いてる本人の手も動かなくなりました。

 

 

しかし、9ヶ月ブログを書き続けた自分の経験からこのように感じました。

「ブログという個人メディアは自分の夢を叶えられるツールであり、武器になる!」

 

 

そして2015年の正月にある決断をしました。

「ブログ」をもう一度新生させよう。

「らぶど」をもう一度新生させよう。

そして、「横田健一」をもう1度変えようと決めたのでした。

 

 

たまたま出会った福祉施設での仕事

らぶどを2015年2月に締めることになりますが、さかのぼる事2014年の10月。

 

 

ちょっとお金がニッチもサッチもいかない状態(良くなるなぁ笑)で物流センターの夜勤だけではどうにもならなくなった僕は昼間のバイトを探すことにしました。

 

 

たまたま、近所で募集していたのが今勤めさせていただいてる福祉施設なのであります。

 

 

正直に申せば、選んだ理由は

・時間的に無理のない範囲でできそうだった

・場所がとても近かった

・即決だった

そんなに大した理由ではなかったです。

 

 

僕の務める福祉施設は特別支援学校等に通う子供たちや卒業して就労している方が来る施設でした。

正直はじめはビックリしました。(今もするときありますけど^_^;)

 

 

今はこんな風に思っています。

 

 

「何かしらの障害をもちながらもたくましく生きている子供達とコミュニケーションしている内にむしろ僕の方が励まされているんだなって!」

 

 

こんな職場に巡り会えて、僕はめっちゃ運が良かったって人生で初めて思いました!

 

 

 

35歳後半、結婚・婚活への想い

2015年6月、Yokota@Blogとして新たにブログを立ち上げました。

 

 

結婚・婚活をテーマにしているのは何故か?

 

 

もちろん自分自身も結婚に憧れてますし、結婚したいという気持ちはあります。

 

 

でもそれ以上に実は

人と人のご縁がうまく結びつけられるような、そんなあったかいコミュニティが作りたいから」

だと思います。

 

 

多分それは自分がらぶどで経験した子供達や親御さんとの触れ合い、そして今の福祉施設という職場で僕が感じてるものだと思ってます。

(すんません、なんかうまく言葉にまとまらなくて^_^;)

 

 

最後に一言

ダラダラと書き連ねましてどうもです。

おおよそ現在に至るまでの僕の人生の流れがわかるようになっております。

※1年に1、2回は追記してこうと思います。

 

 

こんなわたくしでございますが今後ともらぶど共々応援の程宜しくお願いします!

 

 

よこちゃん
えらく遠回りした感じの経歴ですね、ボチボチ前に進んでおります(笑)今後とも応援の程よろしくお願いします!

 

らぶどくん
なげ〜よ(笑)

 

 

「アラサーアラフォー楽しい出会いの専門家」として自己紹介はこちら

横田健一のプロフィールについてはこちら

 

 

 

 

投稿日:2015/08/16 更新日:

執筆者:横田健一

Copyright© 横ちゃんがゆく! , 2016 AllRights Reserved.