craco-village

東日本大震災から5年、震災の想い出を語ってみる

投稿日:2016/03/11 更新日:


 

こんにちは、横田(@yokota1211

 

 

3月11日。

東日本大震災から5年が経ちました。

 

 

新聞を読むと仮設住宅に住まわれてる方々もまだまだいらっしゃるとのこと。

また福島の原発も復旧への道も遠いという現実。

 

 

あの日の事を忘れない為にもせっかく普段ブログで発信しているわたくしです。

当時の事をこの5年という節目に振り返り、書き連ねておこうと思います。

 

 

よこちゃん
あれから5年か、、、
らぶどくん
ああ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

震災当日わたくしは何をしていたのか?

震災当日わたくしはビジネスパートナー(男性)と一緒に名古屋に来てました。

 

 

わたくしの車で来ていたんです(思えばまだあの時はサーフだった笑)

その時はわたくしは助手席でバッタリとしてました!

前日に風邪を拗らせて発熱してたんです。

 

 

丁度地震が起こった14時46分。

わたくしは全く気付きませんでした。

 

 

運転をしていたパートナーが「今揺れたな!?」って言うんですけれど。

「ん?揺れました?」

てなもんで全くわかりませんでした。

 

 

しばらくすると通り沿いのビルからどんどん人が外に出てくるではないですか。

この時はそんなに大きな地震が起こったなんて全然分かりませんでした。

 

 

その後すぐにラーメン屋でラーメンを食べることになりました。

ラーメン屋のテレビで初めてめっちゃデッカイ地震だったことがわかりました。

 

 

ラーメンを食べ終わって高速で帰ろうとしたら、確かストップしてたような、、、

(ちょっと記憶が断片的なんですけれどね^_^;)

とにかく金沢に帰るまでエラい時間がかかったと記憶しております。

 

 

よこちゃん
警察の取り調べみたいになってるな。
らぶどくん
ハッキリと思い出せ!

 

 

震災から約2週間後、石巻へボランティアへ行く!

それからは連日のように震災のニュースでしたね。

(CMも自粛していてACの広告ばかりでした!)

 

 

自分自身も何かできることはないかって思ってました。

北國銀行に募金には行きましたけれども、、、う〜ん。

 

 

そんな折に、当時移動販売をしていた先輩達から

「石巻へクレープの振る舞いにボランティア行くけど一緒に行かへん?」

っていうお誘いをいただきまして。

 

 

その当時は移動販売でドーナツを売ってたんですよ!

(らぶどの前身ですよね)

僕が「らぶど」という福祉活動をするまでのいきさつを振り返ってみた

 

 

当時の移動販売仲間や応援してくれる会社さんなどからも応援いただき、

仲間3人で石巻までボランティアへと向かいました。

 

 

よこちゃん
3月下旬だったけど、とっても寒かった。
らぶどくん
現地の方々は本当に大変だったと思う。

 

 

震災から2週間後の石巻の様子

まず現地へ行くまでも大変でしたけどね^_^;

原発事故の影響で福島側の方の高速が止まってましたから。

 

 

そんなこんなで新潟〜山形〜みたいな感じで宮城県に入りました。

途中山形のコンビニに寄ると食品(おにぎり等の日配系)や飲み物がガラガラでした。

営業はしてましてたけどね。(お菓子とかはまだ棚にありました)

 

 

渋滞を待って待ってようやく石巻へ。

当時は写真を撮るという習慣が全くなかったですが、ハイ!

 

 

山側の無事なところは本当に無事(瓦とかは飛んでるとこありましたが)。

海側はもう本当に壊滅してました。

車は砂だらけでした。(もちろん流されてそうなひっくり返った車もありました)

 

 

断片的で恐縮なんですが、特に記憶残っている出来事を!

 

 

1. 丁寧なヤンキー

初日はどうすればいいかわからず適当なショッピングセンターの前でクレープを振舞うことに。

最初はポツポツと半信半疑だった被災者の方も次第に列がつくくらい集まってきました。

 

 

みなさんやはり食には苦労されていたようです。

(てかクレープみたいなスィーツはなかなか食べられなかったようです)

 

 

自分たちも作るのにいっぱいいっぱいになってたりしてたんですよね。

そもそも振る舞いなんで明確なルールもありませんでしたし。

 

 

どさくさに紛れて順番をズルしようとする人。

 

また、

 

一人で6個ください(家族分だと)という人。

 

 

ん〜、当時の自分はあの光景で全然強く言えませんでしたけどね。

(本当にお恥ずかしい限りなんですけれど)

 

 

そんな時にあるめっちゃヤンキーちっくなコワ〜イ男の子(20代くらい)が列に並んでたんですよね。

 

「めっちゃお腹減ってたんすよ!」

 

「ちょーありがたいっす!」

 

「マジで美味しいっす!」

 

 

普段なら絶対に近づかないようなヤンキーどの、すっごい美味しそうに。

しかも丁寧だったのがとっても印象的でした。

 

 

よこちゃん
あいつら元気かなぁ〜。
らぶどくん
髪の毛キンキンだったよな〜(笑)

 

 

2. ある被災者の方のお話

何人かは被災時のお話などもお聞きしました。

(思い出させるようで大変恐縮でしたけどね)

 

 

あるオヤジさんは震災時にパチンコをしていたそうです。

 

スッゲェ揺れたんだよ!

 

ただ事ではないと思って屋上まで行ったんだけど、

しばらくしたらあっという間にパチンコ屋が沈んでしまったよ。

 

なんとか救命ボートに乗ることができて助かったんだよな!

 

オレの横のヤツ、確変中でそのまま打ってたけど。。。

 

よこちゃん
言葉にならなかったな。
らぶどくん
パチンコで確変中か〜。

 

 

その3. 最終日は図書館で被災者の方と寝る

結果3泊4日してきたんですけれどね。(材料もなくなったので)

 

 

正直なところあまりにも過酷すぎて少し体調が悪くなってしまって。

(てか車中泊してたんですけれど、寒さ対策を舐めてました。自分だけ笑)

 

 

で、3泊目はその日に振る舞いをした図書館の駐車場に車を停めさせていただくことに。

そしてわたくしは大変恐縮ながら図書館の中で寝させてもらうことになりました。

(こんなボランティアになってはダメですよ笑)

 

 

2階には女性や子供たち。

1階にはお年寄りの方や男性がそれぞれダンボールをひいて寝床とされてました。

ま、自分はもちろん1階でしたけどね(笑)

 

 

なかなか眠れない方々が多く、うめき声だったり話し声は聞こえてきました。

暖炉の見張りの方に話しかけてる方も多かったです。

すっごく不安だったんだろうなぁって思いました。

(何度か余震もありましたし、、、)

 

 

よこちゃん
図書館では疲れもあったせいか爆睡でした。
らぶどくん
とんだボランティアだな、ったく!

 

 

まとめ

まだまだエピソードはあるんですけれど、うまくまとめる自信が全くありません。

なんやろうなあ〜。

 

 

 

強いて言うならば、振る舞いでお会いした被災者の方々に

 

「また来ますんで!」

 

と言ったきり、

 

実は約束を果たせずにいます。(大変心苦しいです!)

 

 

今は移動販売車も手元になくなってしまったんでアレですけれど。

こうやってブログに書いたんで!

 

 

来年は石巻でドーナツの振る舞いをします!

 

 

よこちゃん
誰か協力を頼む!
らぶどくん
頑張ろう!ニッポン!

 

 

なんか一緒にやってみたいと思った方。

是非わたくしと繋がっておくんなまし!

FBの友達申請はこちらから

(もちろんこの記事にコメントでもオッケーっす!)

 

横田健一(横ちゃん)
金沢で30代の出会いを作る専門家です。
必殺技「ブログで飲み会を開くの術〜!」
趣味は囲碁や将棋、水泳。ZARDが大好き!
個人的な婚活はよく下手をこきます^_^;

金沢らぶど会興味のある方はこちら
広告掲載・お仕事などお問い合わせはこちら


-福祉
-,

Copyright© 横ちゃんがゆく! , 2017 AllRights Reserved.