らぶどメンタル

【読了】大切な人を守る為に”うつ”を先に学ぶ、将棋棋士先崎学さんの壮絶うつ体験記「うつ病九段」

うつ病3

 

こんにちは。

出会いを作る専門家、横ちゃん(@yokota1211)どす。

 

 

ここ最近はわりと復調モードの僕ですけども。

先月、先々月と色々と勝手に抱え込んだり、考え込んだりしてて。

↓↓↓

お知らせ
【充電宣言】ブログ・Youtube・らぶど飲み会等の活動をしばらくお休みします。ちょい充電するわ。 こんにちは。 出会いを作る専門家、横ちゃん(@yokota1211)どす。 突然ですがタイトル通り、...

 

 

しばらく当ブログを含めて、全ての活動を一旦お休みしていました。

今日はその時に読んだこちらの本を紹介します。

 

うつ病1

 

 

将棋棋士先崎学九段 著

「うつ病九段」

〜プロ棋士が将棋を亡くした一年間〜

 

 

僕が将棋棋士の中で1番好きな棋士である先崎学九段。

先崎九段が実際に体験したリアル「うつ」体験記であります。

 

 

※先崎九段に関してはこちらの記事をご覧下さい。

将棋を題材にした大人気漫画「3月のライオン」の監修もされてます。

↓↓↓

3月のライオン
【将棋漫画】「3月のライオン」が将棋が題材なのに、婚活戦士の胸に刺さる5つの理由 こんにちは。 婚活ライオンこと横田(@yokota1211)です。 なんか大西ライオンみたいですけども〜^_^; ...

 

僕自身は先崎学九段の事が将棋を覚えた小学生の頃からずっと大好きで、

先崎九段の書籍もほぼ全部持ってるぐらいなんですけど(´∀`=)

 

 

この「うつ病九段」は、昨年2018年に発売されました。

発売された事は知っていたのですが、大好きな先崎九段の著書なのに読んでいませんでした。

 

 

なんか気が重くなる題材だなぁって(´∀`=)

 

 

そもそも先崎九段は2017年の夏から約半年間の間、

将棋の対局をしばらくお休みされてました。

 

 

僕は当時、将棋連盟のHPで先崎九段の休場を知りました。

当時は特に理由も公表されてなかったんですよね。

 

 

 

 

 

 

まさか、鬱(うつ)だったとは!

 

 

 

 

 

この本が発売される2018年夏頃から、

僕はようやくネットニュースで先崎九段が鬱だった事を知りました。

「明日、死のうと思った」天才と呼ばれた棋士が、うつ病を告白(講談社)

藤井フィーバーのウラで「俺はなんて情けないんだ」。うつ病になった棋士の苦悩(文春オンライン)

見事回復!「うつ病に勝った」天才棋士・先崎学九段インタビュー(フライデーデジタル)

 

僕は鬱(うつ)って状況にはなった事がないんで、どんな感じなのかはわかんないんですし。

先程も言った通り、気が重くなりそうなテーマです。

 

 

いかに大好きな先崎九段の書かれた本とはいえ、

ちょっと読む気がしませんでした。

 

 

そんな状況だったのですけどね。

自分が鬱ではないとは思いますが、先月に気持ち的に結構沈んでいた時。

 

 

近所のよく行く本屋さんで、将棋コーナーではなく心理学のコーナーで、

この「うつ病九段」を見つけたんですよね。

 

 

 

 

 

鬱(うつ)って、そもそもどんな状況なんだろう? 

 

 

 

 

 

ふと疑問に思ったんですよね。

普段は鬱(うつ)について、考えた事もなかったですし。

 

 

で、先崎九段ですが、

「将棋界で1番解説がうまい」

と、僕は思ってます。

 

 

なんて言うのか、将棋のアマのファン目線でわかりやすい言葉遣いとユーモアも交えて話されたり、解説本を書かれたり。

そういうところが僕が好きだったりするんですけど╰(*´︶`*)╯♡

 

 

あと僕が小学生の頃は新進気鋭で、ヒーロー的に勝ちまくってましたし。

最近は将棋の対局は、、、残念ながら若手に押され気味な感もありますが(´∀`=)

 

 

話がズレてきたね。

めんごめんご〜♪

 

 

”将棋界一解説がうまい” と僕が思う先崎九段が、実際に体験した

「うつ病体験記」

率直に読んでみたいと思ったのが、僕が「うつ病九段」を読むきっかけでした。

 

よこちゃん

先崎学九段が書かれた「うつ病九段」を読みました。

らぶどくん

横ちゃんのヒーロー、先崎九段!

 

「うつ病九段」を読んで、個人的感想など

うつ病2

 

「うつ病九段」を読んで、率直な感想を言うと、、、

 

リアルすぎ!

とても鬱(うつ)と思えないぐらいの情報量!

 

だと思いました。

 

 

自分がこの日どういう状況で、どんな人と会って、どんな会話をして、どんな気持ちだったか、、、ここまで克明に書けるのかってぐらいでした。

僕が元気モリモリ状態であっても、とても及ばない的な。

そもそも横ちゃんと比べんなよ、って感じですがw

 

 

もちろんすっごい辛そうな鬱の状態の表現もあったりするんですけど。

節々にクスッとしてしまう一節を、しれ〜っとブッ込んでくるんですよね。

先崎九段は(´∀`=)

 

 

(病院食を)食べて横になっていると、ムラムラとなった。

 

アレっと思ったら頭の奥から

「エロ動画が観たい」

とサインが送られてきた。

 

これも非常に懐かしい感覚だった。

届きたてのタブレットで慎重に音を消して観てみた。

下半身の生理的反応はなかったが、ちょっぴり満足感があった。

 

「うつ病九段」より

 

 

 

週刊文春を買ってみた。

果たして全然読めなかった。グラビアと見出しだけ見て、はい終わり。

 

(中略)

 

圧倒的に読めたのは

エロ記事

だった。

 

 

週刊現代といえばエロ記事の殿堂である。

 

「六十歳からのエロ動画入門」とか

「九十歳までSEXする為の健康法」

 

などという記事が載る素晴らしい雑誌である。

 

その類の記事だけが、何故か少し読めるのだった。

エロ動画もそうだが、人間の本能とはオソロシイものである。

 

「うつ病九段」より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このテーマでエロか〜!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先崎ワールド、健在なりっ╰(*´︶`*)╯♡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、思っちゃいましたw

 

 

てか、先崎九段ご自身の大変な状態なのに。

ご自分を客観的に観察する能力がすごくって。

 

 

更にそれを包み隠さず、オープンにするこの感じ。←しかもユーモアも交えつつ。

先崎九段に改めて尊敬しました(´∀`=)

 

 

こんな感じで感想を書いてると、

先崎九段は本当に鬱(うつ)だったのか?

って、疑問さえ湧いてきそうですけどw

 

 

”入院して10日以上シャワーを浴びる事さえ気づかなかった” 事や

“体重が2ヶ月で16キロ痩せていた” 事など、

めっちゃ壮絶な状況だったんだなぁっていう事も想像できたり(´∀`=)

 

 

また偶然にもですが、先崎九段のお兄さんが「精神科医」をされてるというのもあって、

普通のお医者さんの建前的な話だけでなく、お兄さんからの愛のある直球的な精神科医の見地も書かれていて、臨場感を増して感じていたと思います。

 

 

僕が「うつ病九段」で1番印象に残っているところ。

精神科医であるお兄さんが、先崎九段に話していた一節

を紹介します。

 

 

うつ病は必ず治る病気なんだ。

必ず治る。

 

人間は不思議なことに誰でもうつ病になるけど、不思議なことにそれを治す自然治癒力を誰でも持っている。

だから、絶対に自殺だけはいけない。

 

死んでしまったらすべてが終わりなんだ。

だいたい残された家族がそんなに辛い思いをするか。

 

「うつ病九段」より

 

今回、先崎九段の「うつ病」体験記読んで。

日本全国には色んなうつ病の方がいらっしゃると思うし、1人1人症状は千差万別のようです。

 

 

 

 

”誰でもうつ病になる可能性はある。”

 

 

 

 

そうなんだ〜って思いました。

自分が鬱になる可能性もあるし。同時に、自分が大切にしてる人が鬱になる可能性もあるのかと、、

色々と考えさせられました。

 

 

 

もし僕が鬱になったら、

大切な人とどう接することができるのだろう?

 

 

 

 

もし僕の大切な人が鬱になったら、

僕は一体何をしてあげられるのだろう?

 

 

 

すぐに答えが出るわけではないですけどね。

でも「うつ病九段」を読んで、”うつ”だったり”メンタル”について、もっと知りたいと思うきっかけになりました。

 

よこちゃん

先崎九段のお兄さん曰く、”鬱は心の病気ではなく、脳の病気” だそうです。

らぶどくん

必ず治るって、すごい勇気付けられる言葉だな!

 

まとめ うつ病は先に学ぼう!

うつ病4

 

今回は将棋棋士、先崎学さん著

「うつ病九段」

を読んで、個人的な感想を紹介してまいりました。

 

 

紹介し損ねましたが、将棋棋士の仲間・先輩後輩との温かい人間関係。

棋士として復帰するまでの道のりなど、見所は他にもありありです。

 

 

先ほども触れましたが、先崎ワールドが満載で、

読んでて暗くなるような事は全然ありませんでした。

人間味に溢れたいつもの先崎九段らしい、とても読みやすくて軽快な作品でした。

 

 

先崎学という名前から言うのもなんですけど、

「うつ」について ”先に学ぶ” には打ってつけの作品だと思いました(´∀`=)

↓↓↓

 

 

と、いうわけで今回は以上です。

 

 

さ〜て、エロ動画観て仮眠しよっかな〜てね♪

ほなまたね〜ん、らぶど〜〜〜ん╰(*´︶`*)╯♡

 

 

ABOUT ME
横田健一(横ちゃん)
横田健一(横ちゃん)
地元石川県金沢市を中心に活動しています。 ブロガー、webライター、イベンター、コミュニティ運営、YouTuber(初心者)など。 僕自身35歳から婚活を始めたので ”アラサーアラフォー世代の独身男女の方に喜ばれる出会い(人生が変わるきっかけ)の場” が全国にどんどん増えたらいいなぁと思って、日々挑戦しては楽しく下手こいてます╰(*´︶`*)╯♡ 詳しいプロフィールはこちらをどうぞ〜♪

出会いを学ぶYouTubeチャンネル「横ちゃんがゆく!TV」も配信中〜♪

ユーチューブ始める

 

”出会いを作る専門家”横ちゃんが企画・出演・編集する番組

出会いと人生を楽しく学び、スタートしましょう!

↓↓↓

「横ちゃんがゆく!TV」チャンネル登録はこちら

 

石川県金沢市を中心に開催中!「らぶど飲み会」

ファイヤー

 

“出会いを作る専門家” 横ちゃんが企画する

アラサー・アラフォー独身男女の出会いのきっかけの場です╰(*´︶`*)╯♡

↓↓↓↓↓

金沢らぶど飲み会とは?

らぶど飲み会の今後の予定

関連記事ド〜ン♪